2008年

報道発表:シティの消費者金融事業における更なる見直しについて

2008年06月06日

6月6日(金曜日)の報道発表のとおり、シティは日本における消費者金融の更なる見直しを図ることとなりました。CFJは現在ある32の有人店舗および、540のALM(自動貸付契約機)を配置した無人店舗を閉鎖(新規の融資契約を縮小)します。

お客様への影響を最小限に留めるため、今後12ヶ月にわたりこれらの計画を実行に移してまいります。
お客様のお取引に関する影響についてお知りになりたい場合はまずこちらのQA集をご覧ください。また、カスタマーサービスでもご質問を受け付けております。0120-010-000までお問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

本件に関しお客様にご迷惑をおかけすることとなりましたことをお詫び申し上げます。

QA集
Q.借入金は一括返済しなくてはいけないのでしょうか。
A.いいえ。今回の発表によりお客様の現在の契約条件に変わりはありません。

Q.やはり借入金は返済しなければならないのでしょうか。
A.はい。今回の発表によりお客様の現在の契約条件に変わりはありません。

Q.私の貸付限度枠は止められてしまうのでしょうか。
A.弊社では、お客様の利用実績と借入総額の水準にもとづいて定期的にお客様の貸付限度枠を見直しています。今回の発表をうけてというよりは、弊社通常業務の見直しのなかでご利用中のお客様の貸付限度枠が変更になる場合がございます。

Q.支店やATMはいつ閉鎖されるのですか。
A.支店およびATMは今後12ヶ月をかけて閉鎖していきます。これらを閉鎖する際には、対象となるお客様には支店およびATMでのお知らせやインターネット上の弊社dicf.jpのサイトにて閉鎖予定日やお取引に利用できる他のチャネルをご案内させていただきます。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニや銀行振込でもお取引を行っていただけます。

Q.今後返済したいと思った時はどうすればいいのでしょうか<DICのATMや店頭で返済しているお客様>
A.支店およびATMは今後12ヶ月間で閉鎖していく予定です。これらを閉鎖する際には、対象となるお客様には支店およびATMでのお知らせやインターネット上の弊社dicf.jpのサイトにて閉鎖予定日やお取引に利用できる他のチャネルをご案内させていただく予定です。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニや銀行振込でもお取引を行っていただけます。

Q.銀行振込で返済しなければならない場合、銀行での手数料が余計にかかってしまいます。それは後で返してくれるのでしょうか。
A.お手数をおかけして申し訳ございませんが、負担いただいた銀行での振り込み手数料をあとでお返しすることは出来ません。ですがセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニであれば追加手数料なくお取引していただけます。

Q.CFJ以外のATMでは不動産ローンの返済ができません。これからはどうやって返済していけばいいのですか。
A.引き続きCFJのATMで不動産ローンのご返済をしていただけますが、弊社では現在、不動産担保ローンを契約いただいているお客様が返済時に利用できる別の返済手段を準備中です。今後、提携ATMでのご返済が可能になります。これらの場所が利用できるようになりましたら、弊社の残りの提供拠点およびインターネットのdicf.jpのサイト上でご案内いたします。さらに銀行振込でも引き続きご返済が可能です。

Q.私の借入についての情報は今後どのような方法で入手できますか。
A.弊社では今後も充分な人員をそろえましてお客様サービスの各部署を運営してまいります。またご契約中のお借入についてはIVR やインターネット上のdicf.jpのサイトでもご確認いただけます。

Q.私の口座は売却または譲渡されるのでしょうか。
A.弊社では口座を売却する計画は今のところございません。

Q.閉鎖店舗や利用者の口座に関わることについてはどのようにして案内していくつもりですか。
A.店舗閉鎖時には事前に、対象となるお客様に支店およびATMでのお知らせやインターネット上の弊社dicf.jpのサイトにて閉鎖予定日やお取引のほかの手段をご案内させていただきます。セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンのコンビニ銀行振込でもお取引を行っていただけます。このほかの関連する案内事項もインターネットのウェブサイトに掲載していきます。

閉じる